ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

事業内容

前文

 このホームページ(以下、HPやページと省略させていただきます)は、(株)栄研が考える「栄研版 健康な食事」の注文ページであると同時に、皆さんに健康について考えていただく「きっかけ」となる情報を発信するページでもあります。 このホームページを探してくださった方はもちろん、たまたま見つけてくださった方にも、よろしければ一緒に「健康」について考えてみませんか?


HP名・店舗名「MAMECY MART(まめしぃ・まぁと)」について

 店舗名「MAMECY MART(まめしぃ・まぁと)」は、津軽弁で「健康」を意味する「まめしい」と英語の市場(MART)を組み合わせて創りました。つまり「健康市場」という意味になります。そこからさらに「まめしい」を英語っぽい感じにして「MAMECY MART」になりました。 皆さんに健康になってほしいという思い、そして物だけでなく、情報と心が通い合う市場のような空間を一緒に創り上げて行けたらと思っております。


(株)栄研について

 (株)栄研は、「弘前市で病院や学校、福祉施設、会社などへの給食の提供」、「在宅高齢者や病院、会社などへの食事(お弁当)の宅配」、「食材(原材料)の卸売」など「食事の提供」を中心とした会社です。
  詳しくは、当社HPをご覧ください。
 (株)栄研HP → http://www.eiken-kyushoku.com/index.html


『「栄研版 健康な食事」普及事業』について

 上でご紹介したとおり、㈱栄研は「食事」について、会社の設立以来ずっと関わり、研究し、経験や技術を蓄えてきました。 そして2015年4月から、より一歩踏み込んで「健康な食事」の提供について考えてみることになりました。

<短命県と生活習慣病>
 きっかけは、青森県の平均寿命が男性・女性ともに最下位となり、しかもそれが続いてしまったことでした。 平均寿命が短い原因は「30歳代から50歳代の働き盛り世代の死亡が多いこと」で、その主な死亡原因として「生活習慣病」が挙げられています。 生活習慣病は、言葉通り普段の生活が「病気の原因」や「病気の悪化」につながってしまうもので、高血圧や糖尿病が代表的なものです。そして病気ではありませんが「太り過ぎ(いわゆる肥満)」も生活習慣病になりやすい原因の1つとして気をつけたいものとなっています。

<生活習慣病と食事>
 繰り返しになりますが、(株)栄研は「食事」について、ずっと考えてきました。 そこで、「生活習慣病」に「普段の食事」で予防ができないかと考えました。 高血圧や糖尿病(他に脂質異常というものもあります)、そして肥満の原因の1つが「食べ過ぎ(摂り過ぎ)」ですから、その可能性は十分にあると考えました。

<栄研版 健康な食事>
 では、どうすれば「生活習慣病」にならない食生活を送れるのでしょうか。国(の厚生労働省)では、その答えの1つとして「日本人の食事摂取基準(2015年版)」を紹介しています。これは、性別・年齢・身長・体重を基に「1日にどんな栄養素をどのくらい摂れば良いか」を細かく紹介したもので、この基準にそって食事をすれば、健康な状態を維持したり、より健康になれる(だろう)というものです。(株)栄研では、この基準を参考にすることにしました。「日本人の食事摂取基準」は、非常に細かく栄養素が紹介されていますが、一般の方が普段の生活でそれを達成するのはとても難しいことですが、さいわい㈱栄研にはこれまで食事を提供してきたノウハウがあるので、「日本人の食事摂取基準」にした食事を作ることができました。

<栄研版 健康な食事普及事業>
「栄研版 健康な食事」を作る時に、私たちはもう1つ大事なことがあると考えました。それは、「続けてもらうこと」です。でも、毎食「栄研版 健康な食事」を食べてもらうのはたいへんですし、普段の食事を常に気を使って作るのはもっとたいへんです(よね?)。いきなり食生活を変えるということ自体、負担になってしまうのでは? と考えました。そこで、普段の食事の中に「栄研版 健康な食事」を「取り入れて」もらえたら、「健康な食事を考えるきっかけ」になったら良いのではと考え、まずは仕事場で食べる「お昼ごはん」を「お弁当」という形で食べてもらおうという結論に達しました。お弁当自体も普段食べているものと同じようなものを「健康」的に作ろうと考えました。そして、もう1つ「食べたお弁当にどれくらいの栄養素が含まれているのか」をグラフなどで見てもらえれば、お弁当以外の食事にも気持ちを向ける「きっかけ」になるのではないかと考えました。これは、実際のお弁当の注文画面で、「1日の摂取目標」に対してお弁当でどのくらい摂れたのかを見ていただくことができます。(塩分などのあまり多く取らないほうが良いものは、「摂ってしまったか」と読みなおしてもらえるとわかりやすいかもしれません)

 できることから少しずつ、なるべくたくさんの人に、続けて利用していただくことで、弘前から青森県全域に広がり、短命県返上へとつながればと思っております。


『「栄研版 健康な食事」普及事業』の今後の展開

  『「栄研版 健康な食事」普及事業』は、現在(2016年6月時)「お弁当の注文システム」と「高血圧予防を目指した食事の提供」を行っていますが、今後少しずつ内容の充実と拡大をしていきたいと思っています。 現時点では、下記の機能の追加を検討しています。

<お弁当メニューの充実>
・ 朝食や夕食の提供の追加
・ 主食、主菜、副菜を自由に組み替えることができる機能の追加
・ 「脂質異常予防食」「糖尿病予防食」など、「高血圧」以外の生活習慣病予防食の追加
・ 体力増進、筋力アップなどの「目的別食」の追加

<提供情報の充実>
・ お弁当等を食べることによって摂れる栄養素の詳細情報の追加
・ お客様個人の身体情報などに合わせた基準のカスタム機能の追加

<栄養指導の追加>
・ お弁当等を食べた履歴から当社栄養士が「食べて欲しい食材」などをお知らせする栄養指導機能の追加